エンジニアがポートフォリオを作るということ

栗原貴暁@努力型インフラエンジニアのポートフォリオ

ユーザ用ツール

サイト用ツール


infra:index.html


Note#インフラエンジニア

インフラエンジニアという職業の紹介



僕は、インフラエンジニアを15年以上やっていますので、
その経験から、インフラエンジニアの職業を紹介したいと思います。



インフラエンジニアの分類

インフラエンジニアといっても幅が広いです。
カーネルを開発している人もインフラエンジニアですし、ハードウェアに強い人もインフラエンジニアです。
運用に強い人もインフラエンジニアです。

どのようなインフラエンジニアになりたいかを考える必要がありますが、
大きくは、「サービスインフラ」と「社内インフラ」に分かれます。

サービスインフラ

サービスインフラは、自社サービスを支えるインフラ全般をさします。
お客様のためのインフラです。

自社サービスのエンジニアの場合、幅広い分野をやる必要がありますが、
会社が大きいと、サーバとネットワークとデータベースと分かれて、サーバエンジニアはネットワークをまったく触らないとかがあります。

さらに、大手SIerやベンダーだと、もっと細かく専門分野別のエンジニアがいます。


社内インフラ

社内インフラは、お客様ではなく、会社で働く人のためのインフラのことです。

社内インフラは、分野によってわかれていないのが一般的です。
サーバも、PCも、ネットワークもできなければいけません。
幅が広いです。


働き方の違い

自社システムのインフラエンジニア

僕は、この経験が長いです。

  • 設計、構築、運用、保守を全て行います。
  • 運用もやるため、24時間365日アラート連絡がきたら、対応が必要
  • 何十人、何百人というインフラエンジニアはいなく、少人数の体制です。
  • 少人数のため、多くの会社は、サーバエンジニアとネットワークエンジニアの区別がなかったりします。

SIerのインフラエンジニア

SIerは、システムインテグレーター(System Integrator)の略です。

  • 自分の意見が違っていても、お客様の意見に従う必要がある。
  • しっかりしたドキュメントが成果物となる。
  • 大手SIerは、給料は高め
  • 大手SIer、下請けSIer, 孫請けSIerの構造がある。
  • 運用よりも、構築がメインのため、土日出社がない人もいます。
大手SIerの例


infra/index.html.txt · 最終更新: 2018/12/23 by kurihara

ページ用ツール