エンジニアがポートフォリオを作るということ

栗原貴暁@インフラエンジニアのポートフォリオ

ユーザ用ツール

サイト用ツール


infra:sre-devops


インフラエンジニアとSREとDevOpsの違い



求人サイトをみていると、インフラエンジニアとSREとDevOpsがあります。
企業によって使われている単語が違うだけで、同じような仕事をしているのですが、その用語を把握しておきましょう。

個人的なDevOpsとSREとインフラエンジニアのイメージ

DevOps 自動化、効率化が仕事
CI/CDでアプリをDeployするイメージ
Ansible,Teraformなどのインフラ構築ツールの理解
SRE サービスのダウンタイムを短くするのが仕事
システムの信頼性の向上に重点を置いているエンジニア
監視・運用のイメージ
モニタリングツール、クラウド、コンテナの理解
インフラエンジニア 物理機器を構築するイメージ
データセンターを借りる



僕はこのようなイメージをもっているのですが、
次からはもっと詳細な用語に関して調べ、メモを残したいと思います。


SREとDevOps

DevOpsは、SREの方法の一つ。

SRE implement DevOps

DevOpsは幅広い文化や哲学を指すのに対して、SREは厳密に定義された手法を持っている


SRE(Site Reliability Engineering)

Webサイトやサービスの信頼性向上に向けた取り組みを行い、価値の向上を進める考え方および方法論です。

SREの役割

  • 可用性
  • レイテンシ
  • パフォーマンス
  • 効率性
  • 変更管理
  • モニタリング
  • 緊急対応
  • キャパシティプランニング


参考


DevOps

DevOps(デブオプス)は、ソフトウェア開発手法の一つ。
開発 (Development) と運用 (Operations) を組み合わせ用語であり、開発担当者と運用担当者が連携して協力する(さらに両担当者の境目もあいまいにする)開発手法をさす。


DevOpsが扱う5つの領域

Reduce organizational silos(組織のサイロを削減する)
Accept failure as normal(エラーが発生するのを前提とする)
Implement gradual change(段階的に変更する)
Leverage tooling and automation(ツールと自動化を活用する)
Measure everything(全てを計測する)


DevOps ツールチェイン

Plan(計画) JIRA, Pivotal Tracker
CREATE(開発) IDE, GitHub
VERIFY(確認)Jenkins, CircleCI
PACKAGE(パッケージ) Rake, JFrog
RELEASE(リリース) Apache Maven, XebiaLabs
CONFIGURE(構成)Terraform, Ansible
MONITOR(監視) DataDog, New Relic


インフラエンジニア

  • サーバやネットワーク機器などの構築をする仕事
  • 最近では、クラウド環境も多い。


参考


infra/sre-devops.txt · 最終更新: 2020/05/30 by kurihara

ページ用ツール